温泉法は環境省で定められている権利

温泉は日本では馴染みが深く古い時代から人々の心と体をを癒してくれる癒しの場として多くの方々に親しまれて来ました。現在でも温泉は昔と同様に多くの方々に親しまれており、老若男女に問わず大勢の方が癒しを求め温泉へと足を運んでいます。

温泉法は環境省で定められている権利

日本全国の様々な地域に温泉は存在しておりますが、ただ単に掘り起こして湧出されれば温泉になると言う訳ではありません。温泉として認められる為には、温泉法で定められている定義に基づいた規定をきちんと満たしていなければ温泉としては認められないのです。

その温泉の定義には二つあり一つ目は、温泉の源泉温度が25℃以上であるという事。

二つ目は、源泉温度が25℃以下であった場合でも温泉に含まれている成分が温泉法に基づいた特定成分であるという事。温泉法に基づいた特定成分には19種類もの成分があり、そのいずれかの成分が一つ以上でも含まれていれば「温泉」として認められると言う事になります。

源泉温度が25℃以上であった場合は含まれている成分に関わらず無条件に温泉として認められ、25℃以下であった場合でも含まれている成分によっては温泉として認められるという事になるのです。では、その19種類もの成分とはいったいどのような成分なのか、温泉として認められている19種類の成分をご紹介したいと思います。

「ガス性のものを除く溶存物質(総量1,000mg以上)」、「遊離炭素(250mg以上)」、「リチウムイオン(1mg以上)」、「ストロンチウムイオン(10mg以上)」、「バリウムイオン(5mg以上)」、「フェロもしくはフェリイオン(10mg以上)」、「第一マンガンイオン(10mg以上)」、「水素イオン(1mg以上)」、「臭素イオン(5mg以上)」、「沃素イオン(1mg以上)」、「フッ素イオン(2mg以上)」、「ヒドロひ酸イオン(1.3mg以上)、「メタ亜ひ酸イオン(1mg以上)」、「総硫黄(1mg以上)」、「メタホウ酸(5mg以上)」、「メタケイ酸(50mg以上)」、「重炭素そうだ(340mg以上)」、「ラドン(20(百億分の1キュリー単位)以上)」、「ラジウム塩(1億分の1mg以上)」以上の成分が温泉に含まれていれば温泉として認められるとう事になります。

今回ご紹介した温泉法に基づく定義は日本で定められたものですので、世界の温泉に共通するものではありません。因みに、アメリカでは温泉の源泉温度が21.1度以上、ドイツでは20度以上と定められているようです。