長年にわたり営業を続ける老舗

温泉旅館に宿泊する際、ほとんどの温泉旅館では旅館専用の浴衣が用意されています。

宿泊する方はその浴衣を着用して旅館内を移動したり、温泉街などへ外出したりします。以前は旅館に用意されている浴衣は一種類だけがほとんどでしたが、現在では何種類もの浴衣を用意している旅館もあり宿泊客が好みの浴衣を選ぶ事のできるサービスを取りいれている旅館もあります。

このサービスは特に女性の方に向けられたサービスなのですが、中には男性の方も浴衣も選ぶ事のできるサービスを取りいれている旅館もあるようです。旅館に到着して仲居の方に色とりどりの浴衣を見せられ「お好きな浴衣をどうぞ選んで下さい」なんて言われたら、女性の方は到着早々テンションが上がっちゃいますよね。

浴衣なんて普段あまり着る機会がないので、旅館に宿泊している間は浴衣を着用しているだけで特別で新鮮な気持ちになれます。中には、めったに浴衣なんて着用した事がないのに浴衣を着用すると何故か落ち着くなんて方もいますが、やはり日本人には浴衣が性に合っているのかもしれませんね。

ところで、旅館で用意されている浴衣って夏祭りや花火大会、盆踊りなどの際に着用している一般的な浴衣とは違う浴衣だってご存知でしたか?

昔の日本では浴衣を寝巻きとして着用する事が一般的とされていましたので、旅館で用意されている浴衣も寝巻きとして着用していた分類の浴衣が用意されています。
その為、浴衣や帯は柔らかい素材のもので着用しやすく寛ぎやすい浴衣となっています。

柔らかい浴衣は着用しやすく寛ぎやすいという点ではとても良いのですが、長い時間浴衣を着用していますと浴衣が着くずれしてしまうというデメリットもございます。ですので、浴衣の着くずれを抑える為にも控えめな動きを心掛け、着くずれをしていないかと浴衣を定期的にチェックする事も必要です。

また、浴衣の着用方法なのですが以外にご存知でないと言う方が多いようですので、簡単に説明をさせて頂きたいと思います。基本的に浴衣は、男女ともに左側の衿が上になるように着用します。ですので、浴衣に袖を通したら最初に右側の衿の部分を左側の腰の部分に持っていき、その次に左側の衿の部分を右側の腰の部分に持っていき合わせます。

合わせ終えたら、帯をウエスト辺りの位置で結んだら着用完了です。浴衣を着用する際は基本的に下着は着けなくてもよいとされていますが勿論、気になる方は下着を着用しても良いですし、パット付きのキャミソールやスポーツブラなどを着用しても良いかも知れません。

また、下着を着用していない場合は浴衣の上から羽織を着ると安心かも知れませんね。日頃、滅多に着る事のない浴衣ですので、たまに浴衣を着用する際はキレイにきちんと浴衣を着こなして、普段着用する事のない浴衣を思い切り堪能し楽しみたいですね。