大勢の方が共有する場所なので当然

近年では日本人のみならず海外の方にも人気のある温泉ですが、利用客が増えると気になるのがマナーではないでしょうか。

多くの方が同じ場所で同じものを共有する場合は、その場所で定められている規則やマナーををきちんと把握し守らなければいけません。大勢の方が共有する場所では当然の事ですよね。

温泉という施設も利用する方がきちんとした規則やマナーを守ってこそ、大勢の方が気持ちよく快適に利用する事が出来るのです。そこで今回は温泉の基本的なマナーについてお話をさせて頂きたいと思います。

先ずは入浴前に守って頂きたいマナーなのですが、髪の毛が肩につくぐらいの長さの方はきちんと髪の毛を束ねてから入るように心掛けましょう。

髪の毛を束ねずに湯船に入ると髪の毛が湯船に浸かってしまい湯船の中に髪の毛が落ちてしまう可能性がありますので、一緒に入っている方に不快感を与えてしまいます。また、湯船に入る前には必ず体を洗ってから、またはかけ湯をして体をキレイにしてから湯船に入るようにしましょう。

体を洗う事やかけ湯を行う事は、体をキレイにするという意味だけではなく体を洗ったり、かけ湯を行う事によって体を温め温泉の温度に体を慣らすという意味もあります。ご自身の為にもかけ湯は必ず行うように心掛けて下さい。

その他に、よくテレビ番組などを見て大丈夫だと勘違いされている方もいるようですがタオルを巻いて湯船に入るのは衛生上の問題からほとんどの温泉では禁止とされています。

タオルを湯船の淵に置く事もマナーとしては好ましくはありませんので気をつけるようにしましょう。続いては湯船に浸かっている際に守って頂きたいマナーをご紹介したいと思います。

たまに見かけて何をしているのかと目を疑ってしまう光景なのですが、湯船で泳ぐ事は絶対にご法度です。お子さまに多く見られがちではありますが、中には大の大人が恥も知らずにはしゃぎながら泳いでいる光景も目にします。

温泉はあくまでも療養目的や疲れた身体や心を癒す為に入浴するためのお風呂です。泳ぎたい方は温泉ではなくプールや海へ行くように心掛けて下さい。その他にも、大きな声でのおしゃべりは避けるようにしましょう。共有施設ですので、他にもたくさんの方が利用しています。

お話しをする際は、周りの方の迷惑にならない程度の小さな声でお話をするように心掛けて下さい。

また、湯船に浸かりながら家族や友人同士で写真撮影を行う方もいますが、その際は必ずその温泉施設では撮影が認められているのか、認められていたとしても周りに人がいたら、その方にもきちんと撮影をしてもよいかと許可を得てから写真を撮るようにしましょう。

多くの方が一緒に共有している場では、周りの方に不快な思いをさせないようにと気づかう事が大切です。ご自身がされて嫌だと思う事はきっと相手の方も同じで嫌だと感じてしまうと思います。ですので、ご自身が嫌だと思う事は控えるようにし周りの方もご自身も快適に楽しく過ごせるように心がける様にしましょう。