昔ながらの日本の風情溢れる雰囲気

日本には全国各地にたくさんの温泉が存在しています。全国各地に存在している温泉には地域によって様々な特色があり、その土地ならではの温泉を楽しむ事ができます。

地域によって様々な特色があるのは温泉だけではなく、温泉地に付きものの「温泉街」も同様です。温泉旅行へ行く際に一番の決め手となるのは当然「温泉」だと思いますが、温泉以外に決め手となりますのがその地域にある「温泉街」の存在ではないでしょうか。

温泉街とは、温泉が存在している地域に温泉の宿泊施設(温泉旅館)や温浴施設、またはお土産屋さんや飲食店、遊戯施設など様々な施設が立ち並んでいる街の事を指しております。

温泉をたっぷりと堪能した後は、温泉街を浴衣姿で散策しながら日本ならではの風情溢れる非日常的な雰囲気にどっぷりと浸かるのも温泉旅行の楽しみの一つですよね。ですが温泉街にも様々な形があり、日本ならではの風情溢れる昔ながらの温泉街からリゾートホテルのような大型のホテルが立ち並ぶ温泉街まで幅広く存在しています。

大型のホテルの中には、ホテル内に飲食店やお土産屋さん、遊戯施設が設けられており、ホテル内で全ての施設を堪能する事ができるようになっているホテルも存在します。

ホテル内でゆっくり寛ぎたいという方には、こっちの方がお勧めかもしれませんね。ですが、温泉だけではなくその地域の雰囲気も全てを堪能したいと言う方には、温泉街をブラブラと散策しながら温泉街の雰囲気をたっぷりと味わって頂きたいですね。

その際は、旅館で用意されている浴衣を着用したまま温泉街に行く事ができますので、更に雰囲気を味う事ができ最高な気分になるはずです。

また、温泉街には外湯などの共同浴場が設けられている地域もありますので、旅館の温泉だけではなく地元の方々も利用している共同浴場の温泉へ行くのもお勧めです。
地元の方と交流をもてるのも楽しみの一つですよね。しかし、現在では温泉街が存続の危機に落ちいている地域も存在しているようです。

一昔前のバブルの期には最大の賑わいを見せていた温泉街ですが、その後はバブル崩壊の影響を受け不況に陥ってしまった事により以前のような賑わいは見れなくなってしまいました。ですが、現在でも以前のような温泉街の復興を望む声が上がっており地域によっては温泉街の復興活動に力を入れている所も存在しているようです。

温泉街には、昔ながらの日本の風情溢れる雰囲気が漂っており懐かしいと感じる方もたくさんいるはずです。現在の日常では中々感じる事のできない非日常的な雰囲気を温泉街で感じる事ができるのです。そんな温泉街は多くの方にとって無くしてはならないとても貴重な存在なのかもしれませんね。